無電源で雷サージ回数を積算 音羽電機工業がサージカウンタ

2013年1月16日

音羽電機工業(兵庫県尼崎市名神町3―7―18、TEL06―6429―3541、吉田修社長)は、AC100Vや乾電池などの電源を使用せずに、雷サージ電流回数を99回まで積算カウントできる、無電源式サージカウンタ「SCA―20N」を開発、発売を開始した。 サージカウンタは、高圧避雷器やSPD(サージ防護デバイス)などの雷対策製品の接地線に流れた雷サージの回数をカウントする装置。動作した回数を確認することで、雷対策製品の保護効果が把握できるが、AC100Vや乾電池などの電源を使用するものがほとんどで、電源側へのサージ侵入の懸念や、電池交換などの課題があった。 同社が開発したSCA―20Nは、クラスI…