わが社の’13経営戦略 「新分野注力」成果を出す

今年は、中期計画「大河」の最終年度で、大河の最大テーマである「新分野への注力」の具体的成果を出す時期である。来年の50周年に向け、新製品を大きな事業にしていきたい。

前年は、新製品の開発に注力することができ、期待する新製品の汎用インバータ用直流リアクトルについては、交流タイプとともにシリーズ化させるところまできた。

このリアクトルは、入力力率を改善するとともに高調波電流を阻止し、コンデンサの焼損を防止するもので、直流電源に直列に接続し電流の脈動を平滑化させる機能がある。すでに一昨年にインバータ用交流リアクトルを販売しており、今後は交流タイプ・直流タイプともシリーズ化し、積極的に展開していく。

また、高周波リアクトルは、ソーラー発電の変圧に必要で、当社のリアクトルは小型で損失が少なく、ロスが小さいという特徴がある。ソーラー以外でもパワー半導体向けなどに応用できるので、積極的な対応を行っていきたい。

非接触給電システムについては、核となる基板とコイルのソフトウェアが完成し、年明けから「次世代の変圧器」として本格的に販売を行う方針で、第1弾として「非接触給電によるDC―DCコンバータ」を発売する。

20センチくらいの厚みなら、コンクリートや水など、金属以外なら給電が可能で、コンベアでの給電など様々な用途が期待できる。このほかにも、直流電源装置やバッテリ・チャージャーなどのハードウェアを組み合わせることで、無人給電システムやUPS(無停電電源装置)、インバータなど、様々な用途として応用することが可能である。

一昨年の原発事故以来、「省エネ・蓄エネ・創エネ」をテーマに、電源を取り巻く環境は大きく変化している。当社は電源に関わる専門メーカーとして、技術の底力を発揮し大河を充実させていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG