わが社の’13経営戦略 三菱との相乗効果を発揮

2013年1月9日

三菱電機と業務提携し3年弱が経過したが、昨年辺りから相乗効果が出始め、お互いの強みが発揮できるようになった。当社が積極展開するデータセンター向け監視システムや、流通におけるコンベヤ仕分けシステムなどの商材も成長しており、増収増益ベースで推移している。 三菱電機との相乗効果では、お互いが得意とする各階層での事業展開が深耕できるようになった。事業の棲み分けも理想的な形で進んでおり、両社が当初掲げていた姿で推移している。今年は同社が推進するセンサソリューション事業「iQSS」のパートナーメーカーのトップバッターとしての重責を担っており、まずは塁に出ることに注力したい。 当社が開発したiQSS対応のデ…