わが社の’13経営戦略 安全対策と医療分野強化

当社はここ数年、CE規格など国際規格の認証取得や、安全対策への取り組みを強化し、顧客のグローバル展開に対応する体制を構築してきた。当社の製品は安全対策を念頭に開発された製品がほとんどだが、今後も産業分野、民生分野問わず、安全対策をテーマにした製品需要は続くと思われ、大きな潜在需要が存在していることに間違いないだろう。

こうした需要に的確に応えるため、営業の強化を図る。特に販売代理店とパートナー的営業を積み重ね、特注品から標準品まで幅広い対応を行いシェア拡大を図っていく。

大手顧客であるセットメーカーからは、海外の人件費高騰や品質向上に伴い機械の自動化が進展、フットスイッチやマットスイッチ、テープスイッチともにスポット注文から定期注文・リピート注文というように標準品採用へ移行するケースが増えてきた。注文の内容も安全や分かりやすさをテーマに、従来より突っ込んだ内容のものが多く、付加価値の高い製品を求められるケースが増えている。また、環境対策ではREACH対応もあり、今後もこうした課題に継続して取り組んでいく。

主力のフットスイッチに関しては、医療機器への採用が拡大している。当社の医療機器用フットスイッチは、保護等級IEC60529/IP28相当で高い防水性能を持ち、医療電気機器の国際安全規格IEC60601―1に準拠している。

マイクロスイッチを内蔵したタイプは、幅広いカスタマ対応が可能で、X線装置や超音波診断装置、医療用レーザー装置、医療用ベッドなどに適している。リードスイッチ内蔵タイプは、高い接触信頼性が特徴で、高度な信頼性が求められるX線装置やCT装置、MRI装置などに適している。

こうした分野など、今後も時代の流れに敏感なフットスイッチ専業メーカーとして、あらゆることに応えていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG