わが社の’13経営戦略 製・販の強化へ再編推進

2013年3月期の売り上げは、上期で前年同期比10%強ダウンしており、通期での着地も同様となる見通しで厳しい状況である。アルミ加工関連の売り上げが少なかったことが影響している。

14年3月期の計画は現在立てているところであるが、コネクタ、スイッチ関連は微増で見ており、アルミ関連やDMMS(開発型総合メカニカル部品製造サービス)で売り上げを伸ばす。アルミ加工関連は設備と人材で先行投資を行っており、顧客もテレビや携帯電話などをはじめ、複数に広がってきており、年明けの今月からフル生産を開始することになっている。この事業で年間30億円と安定した売り上げを計画している。DMMSは今期から業績に寄与してきておりパワーコンディショナー、理美容機器などが商品化されているほか、SHE(セキュリティ、ヘルス、エネルギー)などで、当社の有する機構設計、部品設計技術などを生かすことができ、今後もテーマを見つけて取り組みを強めたい。

スイッチは景気変動の影響を受けているため、販売力を強化する。DIPスイッチで月1300万個の生産体制を確立できたことから、競争力がさらに高まった。今まで海外ではOEM販売を主体に展開していたが、今後は欧米を中心に販売代理店を設け、いままで開拓ができていなかった顧客への販売を進める。

一方、生産体制の再編も進めており、中国・無錫のネジ工場で端子台の生産を、また、マレーシアの端子台工場でスイッチの生産をそれぞれ開始し、生産能力のアップを図っている。東南アジアでは中国一極集中を避ける点からも、もう1カ所タイでの生産も検討しており、今年中には開始する予定だ。タイではすでに顧客と取引があり、将来的にはアジア市場への布石にもつながる。

中国工場も、部品工場とアルミ工場の統合も検討しているところである。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG