わが社の’13経営戦略 提案営業で販売攻勢へ

2013年1月9日

昨年を振り返って見ると、景気は底バイ状態が続き良くなかった。

当社にとっては、東日本大震災復旧・復興需要により、商用電源と非常用発電機を切り替える電源切替開閉器などが伸長し、昨年9月期は過去最高の利益を挙げることができた。大震災の復旧に少なからず貢献できたと思う。

また、設立50年を超えた当社は、百年企業に向けて昨年、本社棟を建設し、新商標「WashiON」を制定した。WashiONは、本社工場の東北に位置する秀峰、鷲ヶ峰の地名から「鷲」=Washiに、オンリーワン製品の開発、製造をしている企業であるOnly OneのOnを重ねてブランド名とした。鷲のごとく天高く上昇する意志を込めて新たに出発した。

今年の景気見通しは、総じて良くなる要素がない。円高と電気料金の値上げにより製造業は新興国に生産を移してしまう。新政権はインフレ率2%を掲げているが、インフレ政策に舵を切らないと国の借金は返せない。円安誘導にもなる。

景気云々は別にして、大震災復興が本格化する。今年3月で2年が経過する。一刻も早く被災地の本格復興に取り組まざるを得ない。

当社を取り巻く環境は、先行き2~3年は良いと思う。

今年9月期は、売上高30億円を突破したい。

電源切換用電磁接触器、直流電磁接触器、補助リレー、パワーリレー、充電ステーション、負荷開閉器、工業用端子台など製造販売しているが、商品力で売ってきた会社である。そのため、提案営業が少なかったが、これからは攻めの営業に徹し新規開拓を行っていく。

展示車を更新し、今年早々に出陣式を行う。全国のお客様を訪問するが、昨年よりも訪問件数を増やしていく。品質、性能の良さをお客様が直に理解していただけるので、展示車の活用は大切である。