わが社の’13経営戦略 「グループ力」で共に成長

今年は「グループ力」をキーワードとし、パナソニックグループとともに成長していきたい。グループ会社には、それぞれ得意な分野、営業地域と、逆に不得意なところがあるので、連携することで互いに補うことができる。グループの製品を組み合わせ、工場のシステム、設備を丸ごと受注することもできる。

当社の製品は昨年の第3四半期が底で、今年の第4四半期からは伸びると見ている。半導体部品が動いてきたし、半導体製造装置も今年後半からよくなるだろう。自動車は国内は良くないが、グローバルで見ると減速はしていない。

中国では「地産地消」として、中国仕様の製品開発が進んでいる。生産設備などのインフラ投資はおおむね完了しているので、今後は営業を強化する。タイでの営業も強化し、インドやブラジルは、パナソニックグループの拠点、販路を活用、コラボすることで、早く進出できる。こうして、海外比率を高めていくことで売上げを伸ばしていく。

海外のローコスト製品に対し、国内では高機能・高付加価値を追求し、まだ参入していない新規市場を開拓、従来にない製品も開発していく。半導体、自動車以外の食品加工機械、薬品製造装置関連や、第3の柱を目指すエコ関連に注力する。

他社の機器とつながる「コネクティビティ」も今後のテーマになる。オープンネットワークの浸透で、顧客は世界中のどのメーカーの機器ともつながる機能、ユニットを求めている。得意な分野の機器は当社で開発、不得手な分野は他社と提携してもよい。当社は得意な個々の製品を磨き、性能、機能を高める。

今年の景気は多少よくなると思うが、大きく飛躍することはないだろう。

予断を許さない状況は続くが、ビジネスチャンスととらえ当社の強みを磨き抜き、新たな成長を目指していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG