わが社の’13経営戦略 環境・エネルギー事業拡大

当社は、中期計画の重点テーマでもある社会的ニーズに対応した新規ビジネスモデルの構築を進めている。FA分野を核に、制御を切り口にしたコア技術の拡大を図る方針で、創業100周年に向け新しい企業像を描いているところである。

新規ビジネスでは、すでに数年前から環境関連ビジネスへの取り組みを開始し、土壌浄化事業や植物工場など農業のオートメーション化に取り組んできた。さらに、昨年はエネルギー関連事業に参入を開始した。

エネルギー関連事業は、パワコンなどの単体販売から、メガソーラー設備のシステム設計や最適なハード/ソフトウェアの提供、保守・メンテナンスまでのワンストップサービスを提供するもので、すでに大きなビジネスに繋がっており、今後もさらなるビジネスの拡大を図る。

また、メガソーラー事業については、兵庫県の佐用町との間で事業締結を行った。来年(2014年)3月に5メガWの発電事業を開始する予定で、当社の再生可能エネルギー事業に対する技術力をアップさせ、基盤技術にしたい。農業関連については、兵庫県福崎町のラボで事業化への実践研究を進め、収益を上げる体制づくりを目指している。

土壌改良事業と農業関連事業は来年までに事業を本格化したい。特に、土壌改良事業の核となるGALF技術(超微細気泡生成技術)は、土壌改良のほかにも、食品や医薬、化粧品分野など幅広い分野に応用できる技術で、今後大きく飛躍する技術として期待している。また、自動認識装置などのオートIDシステムも今後期待できる分野で、市場ニーズに的確な対応を行い事業の拡大を図る。

一方、新本社ビルは今春に竣工する予定で、研究・生産技術部門を集約し、R&Dの拠点にする。国内の生産拠点に関しては、今夏に尼崎事業所が竣工する予定で、京都事業所の防爆・システムの生産関係を移転し、生産効率を上げていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG