FA関連機器 製品・技術展望 自動認識機器 国際的にメーカー再編進む

2013年1月9日

バーコード、RFID、バイオメトリクスなどの自動認識機器の市場は、日本自動認識システム協会(JAISA)の出荷統計によると、2011年出荷金額は前年比4・3%減の2111億円となっている。リーマンショック以降なだらかな回復をして来たが、東日本大震災の影響で、生産停止やサプライチェーンの破綻が生じ、その後の電力不足により減産を強いられたことなどが、出荷金額減少の大きな要因とみられる。 12年は震災の復興需要による製造、物流業界の回復、RFIDのUHF帯域の移行、NFC(近距離無線通信技術)を利用したソリューションの拡大、タブレットやスマートフォンとの連携などの需要が見込まれるとして、前年比5・1…