インバーター 操作性・安全性さらに向上

2013年1月9日

インバーターは、省エネ化に大きく貢献するものとして普及が進んでいる。国際的にも日本メーカーが強みを発揮している。 ただ、2012年は省エネニーズだけでは市場を牽引しきれず前年割れになりそうだ。 日本電機工業会(JEMA)の12年上期の生産実績は前年同期比約77%となっており、通期でもほぼこの状態を継続するものとみられる。中国と欧州市場の経済悪化が大きく影響しているが、省エネニーズも強いことから、他のFA関連機器に比べると健闘しているといえそうだ。 インバーターは、モーターなどの運転効率を向上させることで電力の有効活用を図れることから工場やビルの空調やエレベータ、クレーなどの巻上用途、さらには、…