世界初の「密閉型実証研究植物工場」今春稼働 札幌市郊外に「グリーンケミカル研究所」 ・遺伝子組み換え植物を栽培・コンピュータ管理で水耕栽培・異分野の技術かし研究・実験 1000種類の植物に適用 5つの栽培室に常駐各1人 産学がひとつ屋根の下で

2013年1月9日

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(=ノーステック財団、近藤龍夫理事長)が昨年暮れ、札幌市郊外に完成させたグリーンケミカル研究所(密閉型実証研究植物工場)が今春稼働する。遺伝子組み換え植物の栽培やコンピュータで管理された水耕栽培、さらに目的物質の抽出、精製、機能評価といった異なる分野の技術シーズを生かした融合研究と一貫した実証実験をひとつ屋根の下で行う、世界初の先端施設だ。 グリーンケミカル研究所は、札幌市豊平区の産業技術総合研究所(産総研)北海道センターの敷地内にある。土地面積2000平方メートル、総床面積985平方メートル。科学技術と産業技術の振興によって北海道の企業・産業、そして…