情報通信事業は21%の伸び立花エレテック

2012年11月7日

立花エレテックの2013年3月期第2四半期決算は、半導体デバイス事業を中心に、欧州や中国など海外市況の減速に伴う輸出の落ち込みで、売上高593億5100万円(前年同期比2・7%減)、営業利益14億7300万円(同17・0%減)、経常利益19億1400万円(同9・7%減)、純利益11億8400万円(同7・2%増)となった。 セグメント別の状況と売上高は次の通り。 FAシステム事業は、自動車関連が海外案件を中心に堅調に推移したが、半導体分野や液晶製造装置向けのPLCやインバータ、ACサーボなどが低調で売上高282億3900万円(同1・7%減)、半導体デバイス事業は、欧州・中国など海外市況減速の影響…