Check !!

米の高効率法規制IE3達成三菱が省エネモーター

三菱電機は7日、米国EISA法で規定された効率クラスIE3(プレミアム効率)を達成し、適合証明番号を取得した高性能省エネモーター「スーパーラインプレミアムシリーズSF―PR形」=写真=を発売した。米国の高効率法規制をクリアしたため、SF―PR形単体や装置・設備に搭載して輸出することが可能になった。

現在、世界総発電量の約40%を消費する電動機応用機器の省エネ対策が喫緊の課題になっている。中でも産業用機械や設備の動力源として広く普及している三相モーターの効率改善の効果が大きいことから、世界で高効率法による規制化が始まっている。米国ではEISA法(米国エネルギー独立安全保障法)で効率基準値である効率クラスIE3が規定され、米国へ輸出されるモーターは組み込みを含め基準値に達成した適合証明番号(CCナンバー)を取得しなければならない。

こうした状況下で、同社は低鉄損の鉄心材や鋼板フレームの採用により高効率化を実現し効率クラスIE3(プレミアム効率)を達成、スーパーラインプレミアムシリーズSF―PR形を発売した。

主な仕様は次の通り。

▽出力=0・75~55kW▽極数=2・4・6極▽電圧・周波数=230V60Hzまたは460V60Hz▽適合証明番号=CC012A。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG