Check !!

シュナイダーエレクトリック マルチベンダー対応のデータセンター向けサーバーラック45Uモデルを追加

シュナイダーエレクトリック(東京都港区芝公園2―4―1、TEL03―6402―2001、アルノ・モンディ社長)は、マルチベンダー対応のデータセンター向けサーバーラック「NetShelter SXシリーズ」に、初めて45Uモデルを追加し、販売を開始した。

標準価格(税込み)は600ミリ幅で19万3410~24万6960円、750ミリ幅で23万4780~30万9120円。

NetShelter SXシリーズは、データセンター用途用に開発したもので、主要サーバーベンダーのサーバーやネットワーク機器を搭載することが可能なマルチベンダーラック。

サーバーのエアフローを考慮して、フロントドアは平均69%の開口率で、高密度化するサーバー環境でも排気熱が回り込まない適切なエアフローとなっており、データセンター内の熱問題を解消できる。

また、これまでの42U、48Uモデルに加え、45Uモデルを追加したことでデータセンター毎の仕様に合わせてスペースを有効活用できる。

そのほか、排気を妨げない十分なケーブルスペースを確保などの特徴を持っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG