混沌時代の販売情報力黒川想介 技術者の性向や環境を知る

2012年10月31日

情報を取るという行為は販売員にとって最も重要な仕事である。市場が全体的に拡大をしていた成長期とちがって、成熟期に入った市場では厳しい競争に晒さらされている。そのため情報と言えば競合商品発見情報か、顧客が手がけてる案件情報が情報なのである。販売会議の席上で「何か情報はないか」と聞いても、よい情報イコール案件情報や競合情報だから、取り立てて報告する情報はないと返ってくる。「毎回何もないことはないはずだ。何かあるだろう」と再度、聞いても答えは変わり映えしない。 業界の成長期には、ルート営業まであっても顧客は販売員がPRして売り込んだ商品に関心があると、使ってみたいという気持ちに駆られて即、具体的な打…