日本開閉器工業ステンレス調フランジ・ボタン「YB2シリーズ」高級感あふれる金属質感

日本開閉器工業は、操作用スイッチの総合メーカーとして、多様な分野での用途開拓に意欲的に取り組んでいる。CEATEC(小間No.8F57)ではニーズに応えた豊富な品ぞろえをアピール。

9月から発売の新製品として、LED照光式押しボタンスイッチ・表示灯のKP01、KP02、UBの各シリーズに、2色変換表示ボタンを追加、既発売のUB2、NP01と合わせて5シリーズ280品種と大幅に増やした。同社独自の材料技術を生かした新フィルターの採用で表示変換が可能な発光色、表示文字の種類も大幅に拡大。発光色は、赤/緑に加え、青/橙を追加し、標準表示文字も4種類から10種類に増え、特注にも対応。

一方、10月18日からは照光式押しボタンスイッチYB2シリーズに、ステンレス調フランジ・ボタンを追加発売する。ステンレス調フランジ・ボタンは、外観が高級感あふれる洗練されたヘアラインを施した金属質感により、搭載機器の高品位なパネルデザインを生み出す。しかも、紫外線などから保護して耐候性も向上している。

YB2シリーズはパネルシール(防水型)タイプとしては業界最薄の前面高さ1・8ミリを実現。
(http://www.nikkai.co.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る