インテルの最新チップセットを搭載日本データシステムが産業用マザーボード

日本データシステム(神戸市東灘区向洋町中6―9、TEL078―843―5981、竹内修社長)は、長期供給可能で、コストパフォーマンスを追求した産業用Mini―ITXマザーボード「MB―M771―ITX」を発売した。販売目標は年間5000枚。

インテル社の最新チップセットQM77を搭載し、同社の第3世代Coreプロセッサ「Ivy
Bridge(Socket
G2/rPG988)」が搭載できる。

外形寸法はMini―ITX準拠で、170×170ミリと省スペース。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る