「スマートシェルター」安川が避難施設向け来年1月販売開始

安川電機は、避難施設や体育館、公民館などの防災上の拠点などを対象としたエネルギーマネジメントシステム「スマートシェルター」を開発、2013年1月から販売を開始する。価格はオープンで、13年度50システムの販売を計画。

スマートシェルターは、自然エネルギーによる発電と、電気のピークカット、ピークシフトといったスマート制御および、停電時の電源確保などを組み合わせて避難所などに適用しようというもの。

電気は太陽光と風力発電の併用で省エネを図りながら、蓄電池の使用時間帯を使用場所などに応じて設定できるスケジュール設定機能により、契約電力の使用低減ができるピークシフトに対応している。

また、災害発生時には、自家発電機のように燃料切れを心配することなく、1週間以上の電源供給が可能になる。しかも、停電時は蓄電池の長時間使用を最優先とする電池残量監視による負荷制御や、電力会社からの節電要請に応じ、発電状況(太陽光発電予測を含む)を勘案した負荷抑制制御にも対応可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG