オムロン ソーバルと協業ソフト開発をアウトソーシング

2012年9月19日

オムロンは、技術者派遣・受託開発などのエンジニアリング事業を展開しているソーバル(東京都大田区下丸子3―25―14、TEL03―5482―1222、推津順一社長)と、オムロンの製品に組み込むソフトウェアおよびハードウェアの設計開発について協業していくことで合意した。 協業により、ソーバルはオムロンが注力する産業・民生用機器の設計開発を支援する。さらに、両社は需要の拡大が続く組み込みソフトウェアの開発分野において、両社の強みを活用しあうことで、戦略の実行を加速させていく。 オムロンの手がけるFA機器や環境関連機器などの市場は、ソフトウェア開発の需要が年々拡大している。一方、激しい市場環境の変化に…