おもしろ技術拝見 シングルねじ並みコスト諏訪東京理科大の竹増教授が転造二重ねじの量産技術開発

極めて緩みにくい機構の二重ねじは、切削により加工されているため、非常に高価という難点があった。この課題を解決する転造二重ねじの量産技術と製造装置が開発された。

シングルねじ並みの価格で提供できるため、定期的なねじ締めを必要とするラックや配電盤、大型トランス、電磁開閉器の取り付けなどに使えそう。

開発したのは、諏訪東京理科大システム工学部機械システム工学科・竹増光家教授。

1本のボルトにピッチの異なる2種類のナットをもつ二重ねじは、ナットが同時に移動できないという機械的ロックにより極めて緩みにくい。ただ、複雑なねじ部の構造から主に切削により加工されている。

新技術は、通常のシングルねじと同じ単一の転造工程により量産化に成功、製造コストの大幅な低減を可能にする。米国NAS規格に準拠した衝撃振動緩み試験でも全く緩まず、強度は転造シングルねじと同等以上。転造二重ねじは任意のピッチが製造できる。

外国出願特許を所有。

今後、企業に対しすべてのノウハウを提供していく。

問い合わせは、信州産学官連携機構(TEL026―269―5622)。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG