テンパール工業電気の見える化実現省エネコントロール好評

配線用遮断器・漏電遮断器・住宅用分電盤メーカーのテンパール工業(広島市南区大州3―1―42、TEL082―282―1341、梅地俊夫社長)は、省エネコントローラ「PC―4ASW」を好評発売中である。

PC―4ASWは、既設の住宅用分電盤に接続して使用できる。本体の電流設定値を100%として、使用電流の割合をリアルタイムで表示。電気の見える化を実現し、省エネを支援する。

電気の使用状態をLEDによる緑・黄・赤の3段階でレベル表示し、電流設定値を超えて電気を使用し続けると音声メッセージで通知する。電気機器と制御配線することで、ピークカット制御が可能である。

設置は簡単で、コンパクトで経済的な一体タイプと、省エネコントローラ本体のボックスを分電盤の横に配置し、音声表示器のみ身近な場所に設置できる音声表示器別置きタイプがあり、用途に応じ選択ができる。

また、省エネコントロール機能を搭載しており、オプションのHA制御ケーブルなどを使用することで、電気を使い過ぎている時、制御対象の電気機器を自動で停止したり、電気の使用量が下がると復帰させることも可能である。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る