マルチフィールドテスタの新モデル横河M&Iが発売

横河メータ&インスツルメンツ(東京都立川市栄町6―1―3、TEL0120―137―046、金子洋社長)は、現場での光ファイバ機能試験向けマルチフィールドテスタAQ1200OTDRシリーズ=写真=に新モデルAQ1200E、AQ1205Eを追加発売した。本体価格は90万円から。2012年度2500台、13年度3000台の販売を計画。

新製品2機種は、敷設工事で使用する通信回線で用いる光信号の2波長と保守作業での光信号の波長とは異なる1波長の計3波長に対応し、アクセス系回線の敷設工事から保守作業までを1台でカバーできる。保守波長の光ポート内部には通信回線で用いる光信号の波長をカットするフィルタを内蔵しており、運用中回線品質に影響を与えず、OTDR測定においても通信回線の影響を受けることなく保守作業が可能である。対応波長は1310/1550、1625ナノメートル。

AQ1205Eは、ダイナミックレンジが40/38、33dBと広く、またスプリッタ後の波形収束性能が強化されており、多分岐化が進むPONシステムにおいても正確な測定ができる。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る