配線接続機器各社の主力製品 自社ブランド品も開発ケーブルアクセサリー「KBシリーズ」ケイテック

ケイテックは、配線資材・ケーブルアクセサリーの総合商社で、最近では自社ブランド製品の開発、販売にも注力している。

同社では、多様化するニーズに応えるため、従来の「GTシリーズ」に加え、Keiオリジナル製品の「KBシリーズ」として、ミニバンド、スタンダードタイプ、リピートタイプ、プッシュイン固定タイプ、ビス固定タイプ、リユースタイプなどを順次開発し、バリエーションの拡大を図っている。

昨年に、GTシリーズとKBシリーズの型番頭部をKBに統一し、販売の強化を図っている。(変更例GT―100M↓KB―100)。

KBシリーズのミニバンドは、66ナイロンの一体成形による結束バンドで、一度結束するとロックされ外れない構造である。

スタンダードタイプは紫外線に強く、屋外での使用が可能。

さらに高温環境下で使用可能な耐熱性タイプや、フッ素樹脂を使用し耐熱・耐薬品性に優れるタイプなど豊富なバリエーションを備えている。

(http://www.keitec‐jp.com)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る