光電・近接センサ各社の主力製品 信明電機高周波発信型センサー「LSシリーズ」 ノイズに強く防湿性に優れる

2012年5月16日

信明電機は、高いシェアを持つDCソレノイド、オプトセンサー、高周波発信型センサー、トルクセンサー、オートロックブレーカーを製造販売しているが、特注品仕様にも積極的に対応し好評である。

高周波発信型センサー「LSシリーズ」は、金属ケースに封入されており周囲のノイズに強く、またチリやホコリに影響されず正確に検出でき、防湿性にも優れる。検出する材質は硬貨などすべての金属に対応可能。

負荷電流は50ミリA~200ミリAと大きく、半導体回路の直接動作が可能である。電源電圧は5V~32Vと幅広く、機器からの電源接続が容易。

オプトセンサーOSシリーズは、投光素子と受光素子を内蔵し遮光、吸収、反射などの信号を正確に検知する光電式無接触スイッチ。

主な特徴は(1)センサーの寿命が長い(2)検出距離が自由に設定できる(3)全ての被測体を検出できる(4)応答速度が4ミリ秒以下と速い(5)ローコストを実現など。

(http://www.avis.ne.jp/〓shinmei/)