NO IMAGE

八洲産業東京営を支店に昇格事務所を拡充移転関東市場の開拓強化

九州の有力FA商社、八洲産業(福岡市南区大楠2―9―14、TEL092―521―0761、高椋正年社長)は、関東地区での市場開拓強化に向けて、5月7日から東京営業所を移転・拡張するとともに、名称も東京支店に変更した。

これ機に人員も2人増員して10人(男性6人、女性4人)体制にしており、5~6年後には関東地区の売り上げを現在の25%から約40%まで高める方針だ。

同社は1957年創業の長い歴史を持つFA商社で、九州地区では高い実績を誇る。

取引先800社、仕入先700社、メーカー300社の代理店を担うなど、各方面からの信頼も厚い。

東京には2004年10月に営業所を開設し、関東地区での市場開拓に取り組んできた。「インターネットの普及など情報化が進んだことで、取引先の本社機能が多くある東京での集中購買が増加しており、東京でのつながりを強めることで、九州と東京のパイプを太くする」(高椋社長)ことが狙い。

新東京支店は、広さ約150平方メートルと従来の1・5倍に広がり、18人ぐらいまで働けるスペースとなっており、各種セミナー開催や製品在庫スペースも確保している

同社では関東地区の市場開拓を強める一方で、10年からは本社内に「半導体デザインセンター」を開設し、ザイリンク社のFPGAの受託開発・販売も開始するなど、新たな取り組みを行っている。

「半導体は全社売り上げの10%ぐらい」(高椋社長)となっているが、サーボやインバータ、位置決めなどのメカ系機器と並んで、意欲的に新領域の開拓に取り組んでいる。

高椋社長は「今年は新入社員に韓国人1人を含む8人を採用、社員数は50人まで増えた。東京支店の売り上げを高めるとともに、韓国も地理的に近いので、市場としてもウオッチしていきたい」と今後の抱負を語っている。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG