SPD動作を見える化音電機が「雷レコーダ」

音羽電機工業(兵庫県尼崎市名神町3―7―18、TEL06―6429―3541、吉田修社長)は、雷サージの大きさや日時データを記録し、SPD(サージ防護デバイス)の動作状況を見える化する「雷レコーダ」=写真=を発売した。

雷レコーダは太陽光システム専用SPDなど、SPDの動作状況を把握し、SPDの接地線に流れたサージ電流レベルや日時などのデータを、雷レコーダ内蔵のSDカードに記録する装置。

従来の雷サージ侵入の有無を把握する製品とは異なり、SPDに接続することで詳細な劣化日時を記録・表示・出力することが可能である。さらに、電池駆動なので停電時でも使用できる。

こうした機能により、雷被害要因の特定や事故原因の調査、新たな雷サージ対策の検討、SPDや設備のメンテナンスの効率化、雷被害時の保険適用の証明など、多種多様な目的で使用できるとともに、SPD動作の見える化が可能となる。

記録・表示内容は、サージ電流レベルと日時、接点入力と日時。検出電流(8/20μs)100A以上。SDカードにテキストデータで最大記録数999回記録できる。電源は、単4形アルカリ乾電池4本。

なお、雷レコーダは5月30日から3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される「JECA FAIR2012(第60回電設工業展)」の製品コンクールに出展される。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG