アズビル、中国に合弁会社ビルオートメ事業を拡大

2012年4月4日

アズビル(旧山武)は、中国市場でのビルオートメーション事業を拡大するため、中国政府が出資する中節能実業開発有限公司と合弁会社を5月に設立する。また、中国の建物弱電設備の施工・エンジニアリング会社、北京銀泰永輝智能科技有限公司へ資本参加し、azbilグループの子会社にする。 中節能実業開発は、エコ関連事業、省エネ政策の立案、実行を行っている中国節能環保グループの子会社で、工業団地などの投資開発を行うデベロッパー。合弁会社名は「中節能建築能源管理有限公司」で、同社が20%出資する。董事長と総経理は中節能実業開発有限公司から、副董事長と董事各1人と技術総監をアズビルから派遣する。ビルオートメーション…