明治電機社長に林副社長が昇格

【名古屋】明治電機工業は6月21日付で、安井善宏代表取締役社長が代表取締役会長に就任し、林正弘代表取締役副社長が代表取締役社長に昇格する。

社長交代理由は、経営の若返りを図るとともに、「新たな企業価値の創造」を基本方針とする第7次中期経営計画を積極的に推進し、さらなる発展を目指すため。

〔林正弘(はやし・まさひろ)新社長の略歴〕

1955年1月25日生、57歳。77年3月愛知工業大学工学部卒業後、同年明治電機工業入社、00年10月執行役員就任。01年4月メイジ・コーポレーション取締役会長、同6月常務執行役員、03年6月取締役常務執行役員、04年4月メイジUK取締役、06年3月明治進和(天津)機電工程董事、同4月明治電機工業代表取締役副社長、07年8月名電エンジニアリング取締役。愛知県出身。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る