三菱S-Cインバーター内蔵モーター開発5年後EV搭載目指す

三菱電機は、モーター駆動部であるインバーターのパワー半導体素子をSiC(炭化ケイ素)化してこれをモーターに内蔵した「SiCインバーター内蔵モーター」=写真=を開発した。EV(電気自動車)駆動用モーターシステムとして業界最小で、今後実用化に向けて一体冷却構造などのさらなる小型化・高効率化を進め、5年後には実機搭載を目指している。

今回の開発は、円筒状インバーターを開発してモーターの回転軸と同軸上にコンパクトに配置し、モーターとインバーター間の電気配線を筐体内部に配置する構造にした。これによって、構造の簡素化と約10%の軽量化が実現でき、従来のモーター・インバーター別体型に比べて体積で50%小型化した。

また、すべてSiCにしたことで、従来のインバーターに比べ損失を同社従来品比50%以下の低減に繋がる。

さらに、モーター部には巻線密度向上と磁石利用率が向上する永久磁石モーターを採用して、小型・高出力化を図っている。出力は70kW。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG