産業用筐体や配電盤類耐震対策大幅に向上

2012年3月21日

産業用筐体や配電盤類の耐震対策は阪神・淡路大震災に比べ大幅に向上していることが東日本大震災で証明された。施工の改良と筐体自体の振動吸収力が高まったことにより、データセンターのラック倒壊が大幅に減少し、キュービクルや配電盤も津波による損壊発生の方が大きかったもよう。地震の揺れによる倒壊対策は阪神・淡路大震災の教訓が生きたといえる。 被災県にあるデータセンターの中には障害が発生せず、非常用自家発電に切り替え障害もなくサーバが安定稼働した。阪神・淡路大震災では多くが倒壊した。 ラックメーカーが耐震設計で筐体の強度を高めたほか、揺れを吸収する構造の製品を阪神・淡路大震災後に相次いで発売した結果である。…