独自の測定原理搭載超小型・軽量オムロンが変位センサ

2012年2月29日

オムロンは、超小型・軽量で独自の測定原理「白色同軸共焦点」(特許出願中)を搭載した、高精度の非接触式ファイバ同軸変位センサ「形ZWシリーズ」を発売した。オープン価格。 新製品に搭載した白色同軸共焦点技術は、光の色情報(波長)を利用し、高さを測定する新しい測定原理で、従来の三角測距方式による同社製変位センサと較べ、センサヘッド体積が8分の1の24ミリ、重さが6分の1の105グラムという超小型軽量化と高精度化を実現した。センサヘッドが軽量になることで、稼働部に取り付けても振動を抑えた移動・停止が可能で測定が安定する。 また、変位センサに一般的に使用されるレーザ光ではなく、白色LED光を採用し、LE…