Fa関連流通商社 今年の見通し/取り組み 特機営業で新市場開拓 中央無線電機

昨年は東日本大震災の影響で、前半は前倒しの発注があり大きく売り上げが伸びたが、後半は急速な円高や中国、欧州の景気低迷などから、売り上げが伸び悩んでいる。

こうした中で、昨年1月から新たに特機営業部を設置し、新規の顧客開拓に特化した取り組みを開始したが、まだ種まきの段階であり、売り上げに大きく貢献するところまでには至っていない。それでもパナソニックのエコパワーメータは、都内を中心としたビルのエネルギー消費の見える化提案営業で成約が出始めている。大震災発生後、節電関連投資が追い風となってきているだけに、このタイミングをとらえて拡販を進めていく。また無線関係も、カメラと組み合わせてモニター表示するアプリケーションにCPUを入れた制御や、スマートフォンなどの活用も研究を進めている。

昨年11月から本社ビル1階を展示会や研修などに使えるようなスペースとして活用を始めており、すでにエコ関連機器と表示機器をテーマに2回のミニ展示会を開催した。同じ機能の実機を展示することでカタログとは異なり、操作しながら比較・検討ができることから、来場者だけでなく、社員の勉強の場にもなっている。今後、取引先の製品展示会としても活用してもらえれば、さらに交流が深まるものと期待している。

さらに、通販の「Akiba CMD Mall」やWebメール配信「ブルドッグ」も引き続き充実を図っていく。今年も特機営業部を主体にして新商材を発掘しながら、それが花を咲かせるように取り組み、来期(2013年4月期)も11年度並みの売り上げを確保したいと考えている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG