Fa関連流通商社 今年の見通し/取り組み “IDEA”で一捻り提案 大和無線電機

2012年1月25日

昨年は東日本大震災をはじめ、円高、タイの洪水など激動の1年であった。当社もエコポイントの終了に伴うデジタル家電製品の7月以降の急激な落ち込みや、急速な為替変動などに振り回されたが、これまで販売額の上位3社が民生機器の市場で占めていたのが、7社が産機関連の会社が占め、利益率もアップする結果になっている。ダイテック香港においても、現地調達の割合が70%となり利益率の改善につながった。 今年はこの流れを継承しながら、産機関連市場への販売を強める。大震災以降は特に、エネルギーに関連するソーラーやLED照明、蓄電池などの市場にスポットが当たっている。当社ではパワーコンディショナーやこれと接続する自然エネ…