DALIマスタモジュール 照明機器をネットワーク経由で制御 ワゴが拡販に力

2012年1月25日

ワゴジャパン(東京都江東区亀戸1―5―7、TEL03―5627―2050、ピーター・エセイヴァ社長)は、照明機器をネットワーク経由で制御できるDALI(Digital Adressable Lighting Interface)規格に対応したDALIマスタモジュール「750―641」の拡販に注力している。

DALIは、IEC60929に適合したオープンな照明制御の国際規格の一つで、蛍光灯調光安定器の規格から独立して単独の規格として、LED照明の調光やRGB制御、色温度制御などで採用されている。特に欧州では近年、急速に普及しつつある。

DALIシステムを採用すると、細やかな調光制御による消費電力の削減と空間演出が可能になることに加え、BA(ビルオートメーション)分野でのエネルギーの管理や空調、セキュリティなどと連動した照明制御も簡単にできる。

DALIマスタモジュール「750―641」は、ワゴI/Oシステムのプログラマブルバスコントローラと組み合わせ使用することで、照明ON/OFF・調光はもとより、状況に合わせた照明シーン制御やグループ単位での照明コントロールなど、複雑なセッティングも簡単に実現できる。

また、IEC61131―3に準拠したツールにより、プログラミングするため、特定メーカーに依存しないオープンな開発環境も得られる。さらに、ワゴI/Oシステム用の照明制御用ソフトウェアライブラリも完備しており、それらを組み込むことで、プログラミングを簡単に行うことができる。

信号線は2本の電線のみのため、機器の増設・撤去など配線作業も簡単で、DALIマスタモジュール「750―641」1台に対し、最大64台のDALI機器が接続可能。

その他、Ethernet、LONWORKS、BACnetなどのオープンフィールドバスにも対応できる。