テクニカルショウ ヨコハマ2012 2月1日から3日間 413社・団体が392小間に出展

神奈川県下最大の工業技術・製品総合見本市「テクニカルショウヨコハマ2012(第33回工業技術見本市)」(主催=神奈川産業振興センター、横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市)が、2月1日から3日までの3日間、パシフィコ横浜で開かれる。

今回のテーマは「未来につながる新たな技術」で、出展者数は413社・団体(昨年392社・団体)、387小間(同376小間)と昨年を上回る規模。開場時間は午前10時から午後5時。入場は無料。

展示は、大きく「ビジネスソリューション」、「生産(加工技術)」、「生産(機器・装置・製品)」、「環境・エネルギー/福祉」、「産学公・企業間ネットワーク」の5つの分野を設けて行う。各分野から素材、部品、研究開発、製造、福祉、環境に至るまで、独創性と先進性に富んだ付加価値の高い最新の技術、製品、情報サービスなどが一堂に展示される。

併催行事としては、アネックスホールで2日午後2時から記念講演会として「100万分の1グラムの歯車をつくる技術と経営理念~人を育て、技術を育てる~」と題して、樹研工業松浦元男社長が講演する。

また、2日午前10時30分から同ホールで危機管理セミナー「東日本大震災の事例から学ぶ」と題し、横浜国立大学国際総合科学部山藤竜太郎准教授が講演する。

3日午前10時から同ホールで、中小企業の海外展開応援セミナー「円高下での海外事業展開の課題」と題し、基調講演と事例報告、パネルディスカッションが開かれる。基調講演は神奈川大学経営学部国際経営学科田中則仁教授が行う。

3日午後2時からは同ホールで、横浜知的財産シンポジウム「中小企業の知財戦略」が開かれる。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る