わが社の’12経営戦略 国内販売強化でステップアップの年 オプテックス・エフエー

昨年は、当社の主力製品である変位センサ、画像センサ、汎用センサ、さらにLED照明機器事業などが国内はもとより、中国をはじめとする新興国の急速な需要拡大により好調に推移、収益ともにほぼ計画通りの数字で推移した。

特に最近は国内の案件が順調に成長、昨年も国内売り上げが2桁以上増加していることから、販売網の強化を図っており、昨年は福岡に営業所を新設した。

当初は、東日本を強化するためにもう1カ所営業所を開設する予定であったが、東日本大震災により延期、今年か来年には開設する方針で、今後は人材の確保と教育を推進し、数年後に全国で合計10カ所ほどの営業拠点を構築したい。

中でも、関東地区は当社の顧客が多く、ピンポイント的な展開を図る意味で、拠点構築に最大の力を入れる。

一方、三菱電機との協業が順調に進んでおり、パートナーメーカーとして力がついてきた。三菱電機のシーケンサに、当社の変位センサがラダーレスで接続できるユニットが「簡単に接続でき、高速応答でトータルコストが安い」というメリットで顧客から好評を得ており、今後も三菱電機との協業効果を発揮させ、顧客層の拡大に努めていきたい。

ここ数年注力しているLED照明機器事業は、センサメーカーとしての強みを生かし、ローコストで明るく照射にムラがないという点で他社との競争力が付いており、早期に売上高10億円のビジネスに持っていきたい。

また、海外展開では中国に今年中に販社、再来年には製造拠点も構築し、中国ビジネスを強化していきたい。

今年1月にオプテックスから分社してちょうど10周年を迎える。こうした自社製品の増強と三菱電機との協業、さらに海外展開への注力で、今後の10年へのステップアップの年としたい。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る