わが社の’12経営戦略 Pc制御への理解促進 ベッコフオートメーション

昨年3月に日本法人を設立し営業活動を開始した。当社は1980年にドイツで設立したFAシステムメーカーで、現在世界28カ国に現地法人、60カ国に代理店を設置しており、従業員数は約2000人となっている。

11年度の本社の売り上げは、10年度の3億4600万ユーロを30%以上上回る見込みである。

86年にPCベースのマシンコントローラを、96年にWindowsでPLC及びモーションコントロール機能を備えたリアルタイムソフトウェア「TwinCAT」を開発したが、03年にEthernetを基に開発した「EtherCAT」技術を発表したことで、急速な売り上げ拡大につながった。EtherCATは、超高速のネットワークとして、ノード数に制限がなく、同期性能が高いのが特徴となっている。当社では、この仕様を無償で公開し、会費無料のEtherCAT協会を立ち上げたが、現在会員数が世界で2000社以上、日本でも200社を超えている。

当社はIPC(工業用パソコン)、I/O、モーション機器、ソフトウェアPLCの大きく4つの製品領域で展開している。このうち、リアルタイムソフトウェア「TwinCAT

3」を1月末にリリースする。IEC61131―3に準拠し、CC++にも対応しており選択幅が広がる。また、17ミリ幅のアンプで制御できる小型サーボモータ・ターミナル「EL7201」も1月にリリースする。

今年はPC制御の概念を理解いただくことで、ユーザーの生産性向上につなげる取り組みを強めるが、たくさんの特徴、実績、メリットを正しく伝え、評価してもらえる機会を増やしていきたい。同時に、海外展開を考えている日本企業の現地でのサポートができるのも大きな強みとしてアピールし、グローバル成長を上回る伸びを目指していく計画である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG