わが社の’12経営戦略 全社員“打席に立とう” サンミューロン

昨年は当社にとってひとつの区切りである創業60周年の年であったが、3月の東日本大震災をはじめ、欧州の経済不安、タイの大洪水、さらには円高なども加わり、企業にとってこうした環境変化にどうやって対応していくかを問われた1年であった。

前半は大震災の影響が若干あって出遅れたが、後半回復して前年同期を少し上回ってきており、手応えを感じている。

とくに昨年10月からは他メーカーから移管を受けたスイッチの一部売り上げが加わってきていることから、2012年3月期の売り上げは前年度比10%増ぐらいになりそうだ。

今年から61年目という新たなスタートの年になるが、オンリーワン企業として、社員を大切にする家族的な経営を継続していくとともに、企業規模よりは企業内容を充実していくことに重点を置いた取り組みを進めていく。

このため、他社と棲み分けしながら、ニッチ市場でもスピードある行動で成長を図り、企業価値を高めていきたい。

同時に社員力を向上させるためには、一人一人の社員がバッターボックスに立って活躍することが重要で、立たなければ活躍の場も生まれないことになる。そこで日頃から社員には“バッターボックスに立とう"と言っており、個々の社員がこうした場に立つことで、スキルの向上にもつながってくる。

企業の利益の源泉は、お客さんのところに行って話しを聞き、それを社内に提案していくことから生まれるわけで、この動きが非常に大切だと思う。

今年も付加価値経営を展開して売り上げ増加を図り、関西での拠点開設も今年か来年には検討していきたい。

新製品もいくつか種まきを予定しており、スイッチのコア技術にさらに磨きをかけながら、飛躍を図る。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG