自動化セル生産を実現 6インチエキスパンドウエハに対応LEDベアチップ選別様星和が発売

星和電機(増山晃章社長)は、メカトロニクス分野の主力製品であるLEDベアチップ選別機「ALPHAシリーズ」の最新型機「ALPHA6000」を発売した。価格は1900万円から(オプション除く)。初年度販売目標は20台。

ALPHA6000は、LEDベアチップを1チップずつピックアップして計測を行い、あらかじめ設定した選別条件に従いランク分けをする装置。従来から高い評価を受けている計測、選別機能に加え、低コストと高速処理を追求することで、より一層ニーズにマッチした製品となった。

6インチエキスパンドウエハに対応。4元系、パワーLED、フリップチップ、上下面電極、上面2電極、さらに特殊形状のチップにも対応可能。

多機能な測定系に対応。通常の電気や光学特性の測定に加え、ESD試験、サイリスタ特性判定といった特殊測定にも対応する。

新開発のミニ積分球(補器)を搭載。一般的な積分球とのデータ相関が大幅アップし、高精度選別を可能にした。

さらに、機構改善により1チップあたり約0・5秒の高速スループットを実現。約30%(同社比)のタクト短縮を実現し、高速処理を可能にした。

最大4カ所まで、複数の電極を持つパワーチップへの印加が可能。ESD(静電破壊)試験機能を搭載、最大4kVに印加できる(オプション)。

構造・使用機器の見直しと一部部品の海外調達で低価格を実現。

サイズは、1550(W)×1080(H)×1902(D)センチ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG