ますます拡大・発展CC-Link モーション機能、安全機能を加え、さらに進化するCC-Linkグローバルスタンダードとしての地位を一段と確固に

CC‐Linkの技術力は日本だけでなくアジア、北米、ヨーロッパと海を越えて認められている。これは、数々の国際・国家規格の取得をはじめとして、CLPAが推進してきたCC‐Linkのグローバル化活動が実を結んだ結果である。国際標準としては2001年にSEMI
E54.12、2006年にISO15745、2007年にIEC61158/61784、2010年6月にはCC‐Link
SafetyがIEC61784‐3‐8を取得した。

また各国規格としては2005年に中国国家規格GB/Z、2008年に韓国国家規格KS、2009年に中国国家規格GB/Tおよび台湾規格CNSをそれぞれ取得するなど着実な成果を挙げている。

CLPAでは、今後も国際標準化活動に強力に取り組む方針で、2012年10月を目標にCC‐Linkの日本工業規格(JIS)化、2013年3月を目標にCC‐LinkSafetyの中国国家規格(GB/Z)化などを進めていく。

同時に国際的な普及活動にも取り組んでおり、CC‐Linkパートナー製品カタログも、日本語に加え、中国版、インド版、韓国版なども制作し、海外展開しているユーザー、パートナーの支援をしている。

CLPAではとくに市場拡大の著しい中国でのCC‐Link普及に重点を置いており「GatewaytoChina」のスローガンを掲げて、強力なプロモーション活動を展開している。中国では今年9月、CLPA中国支部設立10周年式典を上海で開催した【写真1】。中国での会員数は現在179社と、日本、韓国、台湾、米国に次いで多い。

中国は自動車、FPD(フラットパネルディスプレイ)などの大型工場の建設が継続していることに加え、工場の自動化投資もこれから本格的に見込まれることから、フィールドネットワークの普及も今後大いに期待できる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG