Check !!

インテリジェント複合加工機オークマが発売

【名古屋】オークマは、高い加工精度を実現し、ぶつからない安心のアンチクラッシュシステムを採用したインテリジェント複合加工機「MULTUS
B200II」、「同
B300II」=写真、「同B400II」を発売した。

これらは新開発の複合加工機用制御装置「OSP―P300S」を搭載、簡単な操作を実現している。キー入力操作回数は従来に比べて半分以下になっており、画面切り替え回数も約5分の1と大幅に削減され、加工の準備に必要な一連の作業が簡素化された。

また、運転中の表示については、大型のカラーパネルに、現在位置、パートプログラム、アンチクラッシュシステム、らくらく対話アドバンスの4画面が一括で表示され、一目で機械の状態がわかる。

PREXモータの採用により、刃物台の小型化と高出力を実現、回転工具主軸の前部軸受には高剛性のコロ軸受を採用。

機械デザインは人間工学、ユニバーサルデザインを取り入れ、快適な作業空間を生み出す。

最大加工径は、「同
B200II」が600ミリ、「同
B300II」が630ミリ、「同
B400II」が710ミリ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG