環境に配慮しリサイクルIDEC「チップお引き取りキャンペーン」来年1月20日まで実施

IDECは、環境に配慮した循環型社会構築の一環として、リサイクルキャンペーン「2011チップお引き取りキャンペーン」を来年1月20日まで実施する。

このキャンペーンは、制御パネル業者や各種機械メーカー、個人まで幅広いユーザーを対象に行うもので、引き取り対象部品は、同社が販売したφ30、φ25の押ボタンスイッチ用平形チップとゴムワッシャの2種類。引き取り予定数はチップ110万個、ゴムワッシャ40万個。

平形チップは、押ボタンスイッチの操作部に嵌め込んで使用する10円玉大のプラスチック製チップ。ゴムワッシャは、各種制御パネル・機械に押ボタンスイッチを取り付ける際、緩み防止として使用するもの。

引き取る量により、応募1口につきUCギフト券を進呈。さらに抽選で賞品(5000円相当)を進呈する。

制御機器製品は、寿命が長く定期的にメンテナンスしながら使用されるケースが多い。押ボタンスイッチの平形チップは、1つのスイッチに3個(赤、緑、黒)付属しており、1個は使用されるが余った2個は廃棄されている。

ゴムワッシャは、取り付けるパネルの厚さ別に枚数を調整する必要があり、余剰分として出たゴムワッシャも廃棄されているのが現状である。

引き取られたチップは、洗浄後、分別・検品し状態の良いものは袋詰して再度出荷する。状態の悪いものは、開発段階の試作品の成形材料として使用する。

ゴムワッシャは、同社が責任を持って廃棄するが、今後は有効利用を検討する。

同社では、洗浄や検品工程、成形材料への利用など、単に廃棄するよりコストはかかるが、環境へ配慮し、企業として簡単に焼却処分することなく、継続的にリサイクル問題に取り組んでいく方針である。

なお、同キャンペーンは、ホームページやチラシ配布、同社営業担当者が口こみなどで告知し、回収は同社の営業担当者が直接訪問して行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG