日本の制御技術の評価

2011年12月7日

第6回日中省エネルギー・環境総合フォーラムが開かれ、枝野経済産業大臣と張平中国国家発展改革委員会主任との間で省エネルギーおよび再生可能エネルギーの利用協力に関する覚書を締結するなど、51件の協力案件で合意した。 過去の第1回が5件、第2回10件、第3回19件、第4回42件、第5回44件と比べ、今回の合意案件は大幅に増えている。 フォーラムではトップランナー制度、グリーン建築物、水処理・汚泥処理、循環経済、新エネルギー自動車、石炭・火力発電、長期貿易の7分科会で日中の専門家による省エネ・環境技術などに関するプレゼンテーションが行われた。 中国は経済成長が著しい中で、環境保全対策や省エネ技術の導入…