躍進するFA・制御機器流通商社 サンセイテクノス物流と基幹システムの相乗効果「徳目追求」を実行

サンセイテクノスは「顧客感動」を長期テーマに掲げ、専門技術商社として高い地位を築いている。

毎年策定しているサブテーマとして、今年は「徳目追求」を掲げ実行に移している。徳とは人間の持つ気質や能力に、社会性や道徳性が発揮されたものである。同社では徳目を追求し、高い文化性を備えた企業人、質の高い企業像を目指している。さらに、堺市にあるファームでの農作業などを通じ、ものづくりや食糧自給の大切さを体感している。

同社は2009年、同社の根幹ともいえる新物流センター竣工と、基幹システムの再構築を同時に完了した。

新物流センターは、延べ床面積約5300平方メートルという広大なもので、同社の中核基地として最大限に機能を発揮している。

基幹システムとの相乗効果と豊富な情報量、レスポンスの速さで顧客の細かな要望にも迅速かつ的確に対応しており、仕入先、顧客から高い評価を得ている。

一方、同社の技術部は設立から25年が経過、これまで蓄えた技術の集積と、仕入先・メーカーとの効果的な協力体制を発揮することで、難しい案件にも総合的に対応できる体制となり、技術商社としての幅が広がっている。

5月に開設した名古屋支店は、地元顧客との関係が深まり、サービスの向上が図られている。11月には京都支店を交通の便の良い地下鉄の駅前に移転し、営業の機動力向上を図る。
(http://www.sanseitechnos.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG