躍進するFA・制御機器流通商社 岡本無線電機国内外拠点を活用取引先の要望に応える

岡本無線電機は、今期の基本方針として「頑張れ日本、頑張ろう私達」を掲げ、被災地復興はもとより、日本経済、電子業界、取引先の復興に寄与していく方針である。このため国内21拠点、アジア5拠点を含め、仕入れ先と連携を取りながらできる限り取引先の要望に応えていく。

さらに、今後も継続して取引先に良いサービスを提供するため、将来を見据えたフロントオフィスづくりにも取り組み、今後のビジネスモデルや営業活動を検討していく。

セキュリティ面では、技術的なセキュリティ対策だけでなく、情報を扱う際の基本的な方針や、具体的な計画・運用・見直しまでを含めた体制の国際規格「ISO27001」(ISMS)を今年10月末に海外のグループ会社でも取得し、国内外のグループ会社を含め、全社でセキュリティの国際規格に準拠した情報管理体制を整えた。

海外展開では、奥拓利香港が深〓に駐在員事務所(代表処)を設け活動を行ってきたが、さらなる体制強化と迅速化を図り、顧客のニーズにより柔軟に対応できるよう、サービスにおける現地法人を設立した。

営業面では、通信デバイス商材の拡販を強化しており、ZigBee開発技術セミナーに加え、クラウドサービス環境下でZigBeeやWi―Fiを使ったネットワーク構築に関するセミナーも開催し、エンジニアリングだけでなく企画担当者にも受講対象を広げ、提案営業を進めている。
(http://www.okamotonet.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG