統合マシンコントローラ安川が次世代機新たにビジョンシステム融合

安川電機は、マシンコントローラMP2000シリーズの上位機種として、モーション&ビジョン&ロボットとの融合を実現した統合マシンコントローラ「MP3200シリーズ」を開発、12月21日から発売する。価格はオープンで、2011年度500台の販売を計画している。

新製品は、同社の最大の強みであるグローバルNo.1の製品群である「サーボ」、「インバータ」、「ロボット」に加えて、新たに「ビジョンシステム」を融合させた次世代の統合マシンコントローラ。

CPUやバスの高速化により、演算およびアプリケーション処理速度を最速で125μsと業界最高性能のモーション制御を実現。しかも、オープンモーションネットワークMECHATROLINK―IIIを搭載し、サーボ、インバータと高速な同期通信が可能となり、装置の生産性と性能の飛躍的向上につながる。

また、従来モーションとは別に制御を行っていたビジョンシステムを融合できるモジュールもラインアップし、システムのトータルコストを大幅に抑えることができる。さらにアライメントなどの画像処理結果を遅れ時間ゼロでモーション制御と共有可能で、システム間の無駄時間を削減し、装置の性能を向上できるほか、統合エンジニアリングツールMPE720
Ver・7により、ビジョンの画面や制御などのシステム開発が非常に容易になる。

その他、同社のロボットコントローラFS100と内蔵Ethernetポートで簡単に接続できるので、ロボット導入による生産ラインの自動化などにも柔軟に対応、MP2000シリーズ用オプションベースユニットを装着することで、すべてのオプションモジュールの完全上位互換が可能などの特徴を有する。

同社のマシンコントローラMPシリーズは、機械・装置のモーション制御市場をいち早く開拓、マシンコントローラシェアでNo.1の地位を確立している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG