SCF’11ブース見どころ ベッコフオートメーションミドリウエアソフトTwinCAT3アプリ資産の有効活用図れる

2011年11月16日

独に本社を置くベッコフオートメーションは、PCベースのFA制御システムを提供する大手メーカーとして、今年3月日本法人を設立し、SCFは日本で初めての展示会となる。 展示は、12月から販売開始するマルチコアプロセッサのPCに対応し、汎用プログラミング言語を使用できるソフトウェア「TwinCAT3」と、大幅な省スペース化を実現した小型のドライブテクノロジ「EL7201」を中心に訴求する。 TwinCAT3は、産業用PCをリアルタイム・コントローラとして使えるミドルウェアで、ユーザーはアプリケーションを書き換えなくても、マルチコア・アーキテクチャの高速PCの機能をフル活用できることから、これまでに開…