KEPが「香港・華南視察ミッション」16人参加

2011年11月16日

KEP(近畿電子部品卸商組合、岡本弘理事長)は、「香港・華南エレクトロニクス視察ミッション2011」を10月12日から4日間行い、KEP会員を中心に計16人が参加した。訪問したのは香港サイエンスパーク、香港エレクトロニクス・フェア会場、広東省東莞市の東莞市工業団地と現地の企業など。 香港サイエンスパークは、2001年に完成した香港政府100%出資のアジア最先端の研究開発型工業団地で、欧米系や日系の最先端技術を持つ有力企業がR&D拠点を構えている。 さらに香港の有名大学と企業が産学協同で最先端技術を研究開発しており、オムロン、富士通、デュポン、Philips、SAE(TDKの子会社)、BYDなど…