新生電機が「テクニカルフェアー」話題の新製堂に約1000人が来場

中国・四国、北九州地区の大手FA制御機器商社、新生電機(岡山市南区新福1―5―6、〓086―263―1115、瓦谷敏彦社長)は、岡山ドームで恒例の「2011新生電機テクニカルフェアー」を10・11の両日開催した。

同フェアは、最新のFA制御機器・システム、新技術などを紹介する総合展示会として今回で12回目となる。特に今回は2008年以来3年ぶりの開催となり、当日は地元の岡山や広島のほか、大型バスをチャーターし四国や九州からも団体が多数来場するなど、約1000人が来場し会場は賑わいを見せた。

出展メーカーは63社で、今注目されている節電対策製品や省エネ製品・システムなど話題の新製品・システムが多数出展された。さらに、節電や省・新エネルギーにつながる各種のFA制御機器や電子部品、電源機器、配線資材、工具、キャビネット・ラック、各種計測機器などが出展され、内容の濃い展示会となった。
地域の発展に貢献

同社瓦谷社長は「最近は国内外とも暗く厳しいニュースが多いが、フェアに来場していただいた方々の表情は明るく、出展製品にも大きな関心を寄せていただいた感じがする。今後もこうした展示会などを通じ、地域の産業、経済の発展に貢献していきたい」と語っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG