分岐点

16日からFA機器・システム最大の展示会SCFが開幕する。日米欧にアジアを加えた「ものづくり技術」の競演に、大学、高専が研究成果で華を添える。隣の会場では「計測展2011TOKYO」などが開催される。よほどスマートに見学しないと見落として後悔しそうである。

スマートといえば、「コミュニティ」「グリッド」「ファクトリーオートメーション」と冠にした言葉が流行っている。広辞苑には「身なりが整っている粋なさま、気の利いたさま、颯爽」とある。英語辞典では「頭の良い、賢い」と記されている。「粋な」を採りたいが、英語辞典に軍配があがりそうである。

先週のロボット展は、器用さと速さを競っていた。多種類混在する部品から選び、別のロボットに手渡しする。4本の指を持つ2本の手が異なる仕事をこなしている。部品を取り付け取り外す速さに目が回る。数十年前に、光洋電子工業の阿波踊りロボットを見学し関節の巧みな動きに感心したが、長足の進歩だ。

スマート達やロボット達は優れた駆動・制御機器、通信制御技術で成り立つ。これらハード・ソフトの進化が、新しい社会やものづくりを可能にする。SCFでは「賢い」「器用」「速い」の視点で見学を楽しみたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG